グラス

いいバーに行くとお酒が美味しいのはもちろんのことですがバーテンダーのこだわりというのはそれだけではありません。
美味しくお酒を飲むためにグラスにもこだわっているのです。

例えば、ビールを飲む時はただのコップではなくビールに適したグラスを使います。このような適したグラスに注ぐことによってビールの泡がきめ細かくクリーミーなものになるのです。
ビールに理想的なのはスマートな円筒形のジョッキです。グラスの上部が広がっている形のものや径が広くて浅めのグラスだったりすると炭酸が抜けやすくなりますのであまり美味しくなくなります。

ウイスキーやオンザロックを楽しみたい場合にはオールドファッショングラスと呼ばれるグラスが最適です。
広口でやや浅めのグラスを思い浮かべればどんなものかわかるでしょう。
ストレートの場合は細めで小ぶりのショットグラス。ブランデーをストレートで楽しみたい時には脚付きのブランデーグラスなどを使うと香りが豊かに広がります。

炭酸が含まれたお酒の場合は背の高いコリンズグラスや細身のシャンパングラスがよく使われます。
ワインの場合は手の熱であたためないように脚付きのワイングラスを使って飲みます。

このようにグラスにまでこだわって美味しいお酒を提供してくれるお店に行きたいものですよね。

おすすめのサイト

梅田のダイニングバーLAURANTは女子会やカップルのデートに最適です